Fandom

北斗の拳 Wiki

アスカ

96このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
プロフィール
アスカ
No image.png
  
声 - 鈴木砂織
アインの幼い愛娘。帝都への決戦に先駆け、アインは娘をケンシロウに頼んでマミヤに預けてもらうが、 これが今生の別れとなった。彼の葬儀では、アスカは父の遺体を見ても「私が泣いたらパパが眠れない」と涙を流さず、その姿がアインの良き父親ぶりを思い起こさせ参列者の涙を誘った。そして、形見のグローブを「父が喜ぶから」とケンシロウに託した。
アニメでの設定は養女で、元々はアインを看護してくれた女性(声:川北さかえ)の子。彼女がアインを追って来た賊によって殺されたため、その日からアインがアスカの父となり、彼女を育てることとなったという経緯がアインの留守を預かる老人・ジョセフ(声:伊井篤史)の弁で語られ、アスカは彼と共に中央帝都陥落まで北斗の軍に同行している。なお、アスカの母もジョセフもアニメオリジナルキャラクターである。
ゲーム『北斗の拳4』では成長した姿で登場。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki