FANDOM


プロフィール
アミバ
Amiba.png
流派:アミバ流北斗神拳
南斗聖拳
性別:男性
愛称:天才
声優:土師孝也
  
Amiba.gif

アミバは、漫画『北斗の拳』に登場する架空の人物。テレビアニメでの担当声優土師孝也

テンプレート:ネタバレ

人物 編集

南斗聖拳の修練者にして北斗神拳の非正統の使い手。

自身をどんな拳法でも誰よりも早く習得できる「天才」だと称する。しかし、どこからも奥義を授けられることはなく、トキの評判を落すため、彼に変装して悪事を行っていた。

自分が天才であることを誇示する、その自信過剰な性格をうかがわせる台詞を多数発しており、最期まで自分を「天才」と信じて疑わなかった。

かつては、レイと共に南斗聖拳を学んでいた男であり[1]、『蒼黒の餓狼 -北斗の拳 レイ外伝-』ではレイと共にロフウに師事し南斗水鳥拳の継承を争ったとされる。『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』では流派北蛇鍼拳を自称している。

来歴 編集

「奇跡の村」で北斗神拳を医術に応用して病人の治療を行なうトキの評判を聞き、自分も同様のことができると老人の足に秘孔治療を行なうが、失敗した所をトキに発見される。制止する際にトキに顔を軽くぶたれた上に生兵法を咎められ、自尊心を傷つけられたアミバは、トキに対し異常なまでの恨みを抱く。しかしトキとの力の差が大きいことも悟ったため、彼になりすまして悪事を働き、罪と悪名をなすりつけようと企む。後に拳王ことラオウの部下として働いていたことが判明したが、ラオウの命令だけでなく、トキに対する恨みもアミバの行動の動機となっていた。

トキを騙り、「奇跡の村」の人達を木人形(デク)と呼び、彼らを実験台にし、新秘孔究明のための研究を続けており、「木人形(デク)狩り」と称して近隣からも民を拉致していた[2]

北斗四兄弟末弟にあたるケンシロウをして、トキと信じ込ませたほどに彼の身体的特徴である傷跡[3]を再現した完璧な変装[4]を果たし[5]、また、付焼刃ながらに北斗神拳を「この技の切れは、トキ!」と思わせるほど巧みに使いこなすなど、「模倣の才覚」という点で天賦のものがあった。その一方で、精神的には自分の才覚に驕っている部分が目立ち、トキとの因縁の始まりである老人の足の一件で、目の前の老人が苦しんでいるのに悔やもうとせず「間違ったかな?」と発言した。

闘いの序盤こそ再現度の高い北斗神拳でケンシロウを苦戦させたが、ケンシロウが兄としてのトキへの遠慮をなくし、「この傷をみたからには、俺に手出しをできない」と油断していたアミバに不意打ちを食らわせたあたりから次第に不利になっていく。これに対し、女性を盾にする卑劣な作戦に出て再び優勢になると、ケンシロウの甘さを指摘するなど舌も再び滑らかになる。この戦法により秘孔戦癰を突いて、ケンシロウの体を不動にすることに成功すると、勝ち誇って意気が高揚、とどめを刺すことを怠りケンシロウをいたぶりはじめ、挙句の果てには演説まで始め、時間を稼がせてしまった。その直後にレイが現れ、トキが偽者であることを伝えるとケンシロウの怒りが爆発、奥義"秘孔封じ"で反撃され、立場は一気に逆転。さらには、本物のトキだと信じていた部下達にも見捨てられる。

最期はアミバ流北斗神拳をもって巨大化し反撃を試みるが、不完全な代物であったかケンシロウに既に秘孔を突かれていたかのいずれかが原因で両手の指が膨張して破裂し、体も萎んでしまい、指もなくなったことで秘孔を突けなくなり、勝敗は一気に決した。「トキの居場所がわからなくなる」など必死の命乞いも叶わず、北斗神拳奥義「残悔積歩拳」を受け、高層ビルから転落すると同時に肉体を四散させて死亡。アミバの末路を見たレイは「お前(アミバ)らしい死に方」と評した。

断末魔の叫びは「うわらば」。アニメ版では「拳王様ー」に変更されている。

死後、アミバの部下だった男が拳王軍長槍騎兵隊長のヤコブ(アニメオリジナルキャラクター)に、「アミバ様の部下だった」と伝えるが、「アミバ?誰だそりゃあ!?」と言われてしまった。

声優 編集

その設定上、トキ役の声優が声を担当することが多い。 

テレビアニメ『世紀末救世主伝説 北斗の拳』放映時、エンドクレジットでは最後まで「トキ」として表記されており、アミバの声を担当した土師は後にそのまま本物のトキの声も継続して担当することになった。
土師が演じたアニメ版のアミバは、後日のトキと同じ口調で喋っていたが、後年のプレイステーション版ゲーム『北斗の拳 世紀末救世主伝説』やパチスロ機では、口調を変えて両キャラクターを演じ分けており、渋いトキに対してアミバは鼻にかかった声色になっており、より両者の区別が明確なものになった。
真救世主伝説 北斗の拳』シリーズでトキ役の堀内が声を担当している。 
トキ役は東地宏樹が担当している。

エキストラとしてのアミバ 編集

テレビアニメ『北斗の拳』第108話と北斗の拳2の最終話に初登場時の姿のアミバがエキストラとして出演している。台詞はない。出現箇所は以下の通り。

  • 第108話ではラオウが最期の力を振り絞って天高く放ったエネルギー放出後、村人達と隣のモヒカン男と一緒に平和の光が戻った空を見上げている。
  • 『北斗の拳2』の最終話、去り行くケンシロウに叫んでいるバットの後ろにいる北斗の軍にまぎれて登場している。なお左腕にはかつてリンが飼っていたがいつの間にか行方不明になった小型犬ペル(アニメオリジナルキャラクター)を抱きかかえているのが確認できる。
  • 同じく北斗の拳2の最終話のエピローグでケンシロウが今まで闘ってきた敵の一人としての背景画(走馬灯状態)で登場している。
  • なお『北斗の拳』第36話のアミバの回想内にて、奇跡の村で老人の脚を秘孔で治療しているトキの左腕が放浪時代のアミバの左腕になっている。さらにその直後(「この天才の俺の顔を」と叫んでいるシーンのみ)近くにいたアミバの髪が金髪から現在の白髪になっている。この後は元の金髪に戻る。

パチンコ 編集

サミーから出ているパチンコのシリーズにも登場。ケンシロウの敵としては最弱であり、対戦が確定した時点で勝ち=大当たり濃厚というキャラであるために人気がある。機種によっては、トキを思わせるシルエットとして登場し、それがトキならば大当たり確定、アミバならば逃走あるいは対戦(大当たりの確率が濃厚)という分岐が存在する。

脚注 編集

  1. アニメ版の設定ではネバダという親衛隊長がおり、レイ曰く「修行時代は二人(アミバとネバダ)でいつも悪さばかりしていた」とのことである。
  2. アニメ版独自のエピソードとして、木人形狩り隊の隊長・ゴウムとその部下がケンシロウに立ち向かった末全滅しているが、それぞれスポーツ競技でケンシロウに挑む場面が見られた。
  3. 少年時代のケンシロウが、滝に打たれる修行中、落ちてきた流木に潰されそうになったところを、身を挺してかばったことにより負った背中の大きな傷跡。結果としてケンシロウを完全にトキ本人であると信じこませる。
  4. この時の姿は、トキとアミバが奇跡の村で初めて出会った頃の姿と同じく、髪の色は黒であったが、ケンシロウにとっては、トキと最後に別れた姿と同じだったため、全く気付かれなかった。
  5. 原作・アニメ共にレイが呆れながら「顔がよく変わる」という趣旨の台詞を発している。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアミバにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki