Fandom

北斗の拳 Wiki

ギル・ハーン

96このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
プロフィール
ギル・ハーン
HarnBrothers.jpg
流派:南斗聖拳
伝承拳:南斗双鷹拳
性別:男性
家族:バズ・ハーン
声優:島香裕
  
ハーン兄弟
声 - 郷里大輔(ハズ)、島香裕(ギル)
南斗聖拳一〇八派・南斗双鷹拳の伝承者で、ハズが兄、ギルが弟。荒くれ者だが厚い兄弟愛で結ばれている。
過去登場した六聖拳でない南斗の拳士がそれまで悪役ばかりなのに対し、ケンシロウ側に付いた初めての南斗の男たちでもある。
南斗一〇八派の拳士の大半は北斗・南斗の抹殺を目論む帝都総督ジャコウの命により、その配下となっていたファルコによって殺害されたが、ハーン兄弟は数少ない生き残りだった。初戦にてファルコに敗れたところを、アインに掠め取られてコンクリートに固められた拷問台に繋がれていたが、救出されて北斗の軍に合流。南斗の宿命の旗印の元、再びファルコに挑む。
個々でも屈強であるが、南斗双鷹拳の極意は二身一体の攻撃にあり、奥義である「双羽落爪破」は、ハズとギルが手を組んで虚空に舞い、二人のポジションの変化と重心の移動により、加速度をつけて落下して相手を切り裂くという、兄弟の息が合ったコンビ技である。だがファルコには通じず、簡単に軌道を見切られ反撃をくらう。これにより兄ハズは致命傷を負い、またもや敗北する。
原作とアニメでは最期が異なる。原作ではファルコの道連れを狙って瀕死の兄ハズが不発弾を爆発させて爆死するが、弟ギルは命を拾い中央帝都陥落まで北斗の軍に従軍する。アニメではハズが爆破に失敗した不発弾を弟ギルが爆発させ、兄弟は壮絶な最期を遂げる。
兄の名前は、原作では当初「バズ」となっていたが、以降は全てハズと呼称されている。また、アニメ『北斗の拳2』でも「ハズ」である。1987年に登場して以来長く使われてきた「ハズ」という名前であるが、小学館の『北斗の拳 完全版』を含め、近年出版された愛蔵版や文庫版などでも初出の「バズ」で統一されている。
風貌のモデルはプロレスラーコンビ「ロード・ウォリアーズ」(アニマルホーク)である。なお、ハズのモデルのホークは偶然同じく先に他界した。

関連項目 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はギル・ハーンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki