Fandom

北斗の拳 Wiki

シン

96このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
プロフィール
シン
Shin.jpg
流派:南斗聖拳
伝承拳:南斗孤鷲拳
性別:男性
愛称:南斗六聖拳「殉星」の男
KING
声優:古川登志夫
  

シンは、漫画『北斗の拳』に登場する、架空の人物。

テレビアニメ『世紀末救世主伝説 北斗の拳』および86年劇場版の声優は古川登志夫。『真救世主伝説 北斗の拳』では桐本琢也が、ゲーム『北斗無双』では杉田智和が声を担当した。

身体的特徴 編集

身長183cm、体重98kg、バスト130cm、ウエスト92cm、ヒップ105cm、首周り43cm[1]。金髪。背中まで達するストレートのロングヘアスタイル。ブルー系の瞳を持つ美男子だが、戦闘シーンで極悪面に豹変する。

年齢はケンシロウやユリアと同年代であることがうかがえる。

人物 編集

南斗六聖拳「殉星」の男。愛に全てを懸ける宿命を背負う南斗聖拳の使い手。新劇場版や新OVAでは、「南斗孤鷲(こしゅう)拳」の伝承者として登場している。

故リュウケンからの戒めを破って北斗と争い、北斗神拳を伝承した直後のケンシロウを一蹴した実力の持ち主[2]。ケンシロウの胸に刻まれた七つの傷は彼によるものである[3]

ケンシロウを半死半生にして許婚ユリアを強奪し、彼女ひとりの愛を得んがために与えうる全てを与えようとした。そのために凶悪非道の暴力組織「KING」を統率して関東一円を支配、自らも「KING」と名乗る。略奪と殺戮の限りを尽くし、ユリアのためだけの街"サザンクロス"を築き上げたが、それでも彼女の心がケンシロウから離れないことを悟ると、復讐心と執念を身に着けたケンシロウとの再戦に敗れた後、自ら居城より身を投じ命を絶った。

シンのユリア強奪は、ジャギの甘い口車に乗せられた挙句、「凶悪な悪魔」と化したためである。それまではケンシロウの友人であり、悪人ではなかった。TVアニメ版のサザンクロス編の終盤には、部下に無差別な略奪や女性への乱暴を禁止する、ユリアの脱走に協力した侍女・サキを故郷に送り返すだけですませる[4]といった様子も描かれた。ケンシロウも彼の死後に至って、「シンを唆し悪事を犯させて苦しめた」張本人であるジャギに対しては激しい怒りを見せている。ユリアには嫌われていたが、シンは「殉星」の宿命から純粋にユリアへの愛のためだけに生きた。

権力の頂点に立ったシンであったが、拳王ことラオウの手がKINGの本拠地・サザンクロスにも及ぶと知ると、まともに闘っても勝ち目がないと判断し、ユリアを守るため南斗五車星の戦士達に彼女を託して、ラオウが追わないように敢えてユリア殺しの悪名を被ってケンシロウとの再戦に臨んだ。ユリアの生存に関して何ら語ることなく、あえてケンシロウにも「ユリアは身を投げて死んだ」という(=虚偽[5])ことを告げて散っていったが、ケンシロウにとっては「同じ女を愛した男」にして最初の強敵(とも)でもあり、その遺骸はケンシロウ自らの手で埋葬された。

拳法に関して 編集

シンの使う拳法には、1983年の原作連載初期からTVアニメ版までも、作中において流派名は一切付けられておらず、ただ「南斗聖拳」あるいは「南斗聖拳(の使い手)シン」とだけ表記・呼称されていた。しかし、後から登場してきたさまざまな南斗聖拳の使い手達との話の辻褄を合わせるために、連載途中で「愛に殉じる宿命を背負う南斗六聖拳“殉星”の男」であることが、そして「南斗孤鷲拳」という流派名に至っては、連載から3年後の1986年9月に刊行(原作では天帝編を連載中)された、特別編集の解説書『北斗の拳 SPECIAL』で新たに設定された。

以後、関連書籍、新劇場版や新OVAでも、「南斗孤鷲拳」の伝承者という位置づけが踏襲されているが、シンが自身の拳を「南斗孤鷲拳」と名乗ったのは、2007年の新OVA『ユリア伝』を先んじること2005年の格闘ゲームが最初である。

シンは「南斗獄屠拳」(アニメでは南斗獄殺拳)、「南斗千首龍撃」など、切断より貫通をメインにしている突き刺し型の奥義を使う。「外部から突き入れ破壊する」という南斗聖拳の定義が合致する正統な拳法であり、「孤鷲拳」だけでなく南斗一〇八派の複数の流派をも習得している(『北斗の拳 SPECIAL』コラム)。アニメ版では、飛び蹴り系の殺人技である「南斗飛燕斬」や、拳の連続打撃で敵を砕く「南斗飛竜拳」も披露している。

ギャラリー 編集

その他 編集

  • 元々シンは『北斗の拳』が短期で連載終了となった時のために、物語を締めくくるべく登場したキャラクター。そのため「ケンシロウのライバル兼親友」、「北斗神拳と対を成す南斗聖拳の伝承者」、「ケンシロウに七つの傷を刻みユリアを連れ去った張本人」、「関東一円を支配する組織のボス」という非常に重要な設定がなされていた。
  • シンがケンシロウとの決戦時に用意したユリア人形は、胸に拳を突き入れると、目と口が見開いて倒れながら目が閉じるという、かなり凝ったギミックが搭載されている。そのリアルさゆえにケンシロウも最初は人形だと気付かなかった。また、この人形をケンシロウと共に目にしたバットは後に、ユリアと瓜二つの外見を有するマミヤと初対面時に、ユリア本人と会ったことが一度もないのに「どこかで見たような…」と首を傾げていた。
  • 格闘ゲームでは、ジャギとの対戦前に原作でジャギがシンを唆すやり取りがあるが、原作とは逆に「俺の心が動くと思っているのか!!」と一喝する。
  • 2008年に公開された『真救世主伝説 北斗の拳ZERO ケンシロウ伝』によれば、「南斗孤鷲拳」の師匠はフウゲン(劇中の呼称はなし、キャストロールのみ登場)であり、シンと伝承者の座を争った門弟にジュガイがいる。ジュガイは家族を殺され暴君と化したため、シンが伝承者となったが、シンは「孤鷲拳」伝承後、フウゲンの足の筋を断ち、再起不能に追い遣った。そのシンも自らの欲望に走り フウゲンは弟子の人選を誤った苦悩をケンシロウに明かしている。
  • 原作およびアニメ版ではケンシロウに秘孔を突かれ敗北し「俺はお前の拳法(北斗神拳)では死なん!!」と吐き捨て、自らサザンクロスの頂上から自害するが、劇場版ではラオウに同様に北斗神拳で敗れたにもかかわらず「お前の拳で殺されたかった」と真逆の台詞を言っている。

脚注 編集

  1. 週刊少年ジャンプ特別編集『北斗の拳 SPECIAL』の「拳聖烈伝」による
  2. 伝承者となった後のケンシロウを倒したのは、彼とサウザーカイオウの3人のみ。
  3. 新劇場版『ケンシロウ伝』では、この傷のせいでケンシロウは強い「気」を秘孔にうまく打ち込むことができず、北斗神拳が使えなかった。
  4. 実情はクーデター計画に気付いたシンがユリアと仲のよいサキが反乱派に危害を加えられることを心配しての行為であった。
  5. これに関する真実は後に南斗五車星 山のフドウの口から語られる。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はシン (北斗の拳)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki