Fandom

北斗の拳 Wiki

ジャギ

96このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
プロフィール
ジャギ
Jagi.gif
流派:北斗神拳
性別:男性
声優:戸谷公次
  
Jagi.jpg

ジャギは、漫画『北斗の拳』に登場する、架空の人物。

声の出演 編集

人物 編集

ケンシロウの義兄。ラオウトキの義弟。

ケンシロウが北斗神拳の正統伝承者に選ばれたことへの憤り、あるいは己の拳を封じられることへの恐怖(北斗神拳の一子相伝の掟では、伝承者争いに敗れた者は記憶を奪われたり、拳を潰されたりする場合がある)と同時に、劇中における台詞である「兄より優れた弟など存在しない」という理由から「伝承者を辞退しろ」と挑みかかるが、実力の差から返り討ちに遭い、反対に殺されそうになる。しかし非情に徹せなかった当時のケンシロウは止めを刺せず、辛くも命を拾う。その際に味わった屈辱と、ケンシロウに突かれた秘孔の効果により受けた頭部の傷から、激しい復讐心を抱くようになり、手始めとしてユリアに想いを寄せていたシンを唆し、ケンシロウと敵対させユリアの強奪を始めとする悪事を犯させる[1]

シンに雪辱したケンシロウが、各地の野盗や軍閥を倒し救世主と崇められているのを知ると、自ら胸に北斗七星を模した7個の傷を刻み、ヘルメットで素顔を隠してケンシロウを騙り、「俺の名を言ってみろ」という台詞を言い放ち、民に暴虐を働いてケンシロウの評判を貶めておびき寄せようとした(このために胸に7個の傷のある胸像まで作っている)。ヘルメットの下の素顔には、ケンシロウの逆撃を受けた際に歪んだ頭部をボルトなどの金具で矯正した跡があり、その醜さは部下が怯え震えるほどである。

ケンシロウへの尋常ではない復讐心から、謀略や虐遇の果てに数多くの人々を苦しめ運命を弄んだが、ケンシロウの底知れぬ怒りの前に、容赦することなく倒される。金具やチューブがはじけ飛び脳が露出し、次いで全身が砕け散るという無惨な末路であったが、死に瀕しながらも、ラオウやトキの生存を示した上で、彼らにより地獄行きの旅が始まると言い放ち、最期までケンシロウをあざ笑い続けた。断末魔の叫びは「ばわ!」(劇場版では「じゃぎぎぎぎぎぎゃー」)。後にアミバと共に、拳王を名乗っていた義兄ラオウの指揮下にあったことがトキによって明らかにされる。

トキが伝承者と見込まれていたことに対しては、「ジャギでさえ認めていた」とケンシロウが述べている。

伝承者候補としてのジャギ 編集

北斗四兄弟の三男として、長兄のラオウ、次兄のトキ、末弟のケンシロウと共に北斗神拳の伝承者候補だったが、コウリュウの「ラオウ・トキ・ケンシロウの北斗三兄弟」という台詞以降「北斗の兄弟」を語る上で意図的に除外されている。これは(後付け設定とはいえ)ケンシロウとラオウ・トキ兄弟いずれもが北斗宗家の流れを汲んでおり、ジャギもまた北斗宗家の流れを汲むという設定には無理があることなどから、ジャギそのものが設定上の矛盾となってしまったからである。この矛盾について原作の武論尊自身が『週刊少年ジャンプ』別冊の北斗の拳特集本(1987年)の中で「破壊者になったのは伝承者争いに敗れたからで、元々は拳法の才能豊かな人物だった」とフォローしつつも「北斗神拳の伝承者争いには、兄弟を競い合わせるためにジャギのような毒が必要だったからリュウケンは養子にした」と解説している。つまりジャギは始めから伝承者争いのための当て馬として養子に迎えられた訳で、ゆえに北斗宗家以外の存在でありながらリュウケンの養子になったという説明がなされた。

『極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝』ではこれらとは違った設定が使われている。ジャギは4人の中で最も早くリュウケンの養子となっているが、これはリュウケンが両親を失い孤児となったジャギを「家族」として迎え入れていたため、リュウケンはジャギを過酷な修行の果てに兄弟と骨肉の争いを繰り広げなければならない伝承者の道へと引き込むのを嫌い、伝承者候補となるのを最後まで渋ったのであった。しかしジャギは諦めず、ラオウやトキに課された修行を真似て自ら修行をしている内に、リュウケンが折れ伝承者候補となった。

一拳法家としてのジャギ 編集

拳法家としては一定の才能と能力を持ち、常人を遥かに凌ぐ力があるとはいえ、義兄達や義弟に大きく水をあけられている感は否めない。それでもケンシロウに頭部を破壊される直前、怒りのあまり素手で鋼鉄の扉をひしゃげさせる描写があり、北斗神拳の伝承者候補としても「北斗千手殺」「北斗羅漢撃」といった北斗神拳の技を見せている。ケンシロウに秘孔を突かれると、自身の秘孔を突いてその効果を解いたシーンもある。加えてケンシロウとの復讐戦では、短期間に習得した南斗聖拳[2]を披露して、技巧者の一面を覗かせている。ケンシロウには「スロー」「シンの足元にも及ばない」と酷評されたが、不意打ちながらケンシロウに傷を負わせ、石像を破壊することなく貫き、撃ち込んだ拳を静かに引き抜く腕前がある。因みに南斗聖拳をどこで習得したのかを問うケンシロウに「それは知らぬが身のため」「これから死ぬ貴様に言う必要はない(アニメ版)」と答えなかった[3]

また戦いの中で、拳法だけでなく含み針やショットガンなどの武器を用いて「勝てば良い」と言い放っている。

編集

  • 北斗千手殺[4]
  • 北斗羅漢撃
  • 南斗聖拳(南斗邪狼撃)

ギャラリー 編集

その他 編集

脚注 編集

  1. この事実は、当時ユリアが死んだと思っていたケンシロウの逆鱗に触れる結果となった。
  2. 原作では技名がないが、格闘ゲーム版では「南斗邪狼撃」という技名が付いている。
  3. これに関しては、拳王配下にあって、南斗聖拳の極意を習得したことが容易に推測できるが、宝島社『僕たちの好きな北斗の拳』によれば、シンから盗み取ったとされている。
  4. 『極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝』ではジャギが開発した技とされている。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジャギにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia