FANDOM


プロフィール
ジャッカル
No image
性別:男性
声優:加藤正之
  
声 - (TV)加藤正之、86年劇場版:大竹宏
元はピレニィプリズン(超凶悪犯のみを投獄した地底特別獄舎)の脱獄囚でバイク野盗軍団(アニメ版ではウォリアーズの名がある)の首領。原作ではKINGとは無縁の独立軍団のボスだったが、TVアニメ版ではKING配下の傭兵隊のリーダーである。「神をも欺くことができる」と嘯くハイエナのような狡猾な悪党であり、「自分より強い人間とは戦わない」を信条とし、ケンシロウと関わる事も極力避けていた。多量のダイナマイトを常に保持しており、体に巻きつけている(アニメ版ではダイナマイトを取り出して「南斗爆殺拳!!」と叫んでいたが、ケンシロウに「火薬に頼って何が拳法だ」と突っ込まれている)。
ケンシロウの後をつけ、トヨの村に湧いた水(オアシス)を狙って根城にしようと企むが、その企み自体は失敗したものの、その時にトヨを殺したためにケンシロウの激しい怒りを買い、執拗に追われる羽目となる。ジャッカルは逃亡のために幹部を見限るなど手段を選ばなかったが、次第に追い詰められていく。
逃走中に用意した対ケンシロウ用の最後の切り札は、ピレニィプリズンに収監されている超巨漢のデビルリバースであった。収監時代にデビルの母親の写真が入ったペンダントを手に入れていたジャッカルは、彼の生き別れの兄を装って手なずけることに成功する。しかしデビルも倒され、虫の息になったデビルに捕まって動けなくなったところを、ケンシロウに自身のダイナマイトを仕掛けられて「(デビルを)説得できたら助かる」と言われたが、どうなる訳でもなく爆死する。断末魔は「あろっ!!!」(アニメでは単に悲鳴に近い叫び声を上げただけで、特に断末魔の声は無し)。
TVアニメ版ではKING幹部であるジョーカーの乱入で逃げた後、ジョーカーの入れ知恵でデビルリバースを解放した。デビルの母親のペンダントも、ジョーカーが持っていたものをジャッカルに渡した。
映画版ではジャギの部下として登場。ジャギの命でハートを呼び寄せるが、熟睡中のジャギの素顔を見て悲鳴を上げてしまい、目を覚ましたジャギの怒りの一撃を受けて爆死する役回りであった。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジャッカルにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki