Fandom

北斗の拳 Wiki

ファルコ

96このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
プロフィール
ファルコ
Falco.png
流派:元斗皇拳
性別:男性
愛称:金色のファルコ
声優:田中秀幸
  
Falco.jpg

ファルコは、漫画『北斗の拳』に登場する架空の人物。アニメ『北斗の拳2』での声優は田中秀幸

人物像編集

二千年の歴史を持ち、かつては「北斗神拳」をも凌駕すると言われた「元斗皇拳」の伝承者にして最強の使い手。金色の光輝を纏い、天帝に仕える帝都の将軍。「金色のファルコ」の異名を持つ。

金髪。髪型は側面を刈りあげつつ上はやや若干長めに残し、上面を平らに切り揃える角刈り。
容貌は映画『ロッキー4』でソ連ボクサー・ドラゴを演じたドルフ・ラングレンと似ている。

人望があり、兵士や奴隷たちから絶大な忠誠を捧げられている。

来歴 編集

テンプレート:ネタバレ 天帝として双子の姉妹が誕生した際、「天が二つに割れる」とジャコウにより一方の殺害を命じられるが、赤ん坊(リン)の愛らしい姿にためらいを覚え、彼女の出生の秘密を隠して叔父夫妻に預けた。以後、ファルコはその後の世の乱れに責任を感じるようになる。

かつて拳王ことラオウが軍を率いて元斗の村へ侵攻した時、「戦えばラオウを倒すことは可能だが自分も死ぬ」と予見。ラオウの死によって拳王軍が統制を失い、それに伴う最悪の事態を避けるべく、自ら右足を切断して差し出しその攻撃を未然に防いだ。ラオウをして「その片足は一国に値する」と言わしめ、以来、切断した右足には義足が取り付けられている。

ラオウは転進する前に、邪心に満ちた目を持つジャコウを発見、彼がファルコにとって将来最大の災厄を招く危険な存在であることを見抜き、直ちにジャコウを葬るように忠告するが、涙を流して祈る母の姿を認めたファルコにはそれができなかった。

ケンシロウがラオウを倒し、乱世は一時の平定を見た。しかしそれも長くは続かず、やがて平安は貧富の階層差を生み、世が再び混迷の時代を迎えると、富と権力を得た中央帝都の圧政が始まった。ラオウがかつて警告した通り、ジャコウが天帝ルイを幽閉し、天帝軍の総督として帝都の実権を握ったためである。

ファルコは人質に取られた天帝の命を護るために、ジャコウに命ぜられるまま帝都に反旗を翻す勢力と戦い続けた。こうした非情の戦いの末、彼の精神は多大な苦しみを負い、ついにはいかなる悲劇を目の当たりにしても涙を流せなくなってしまった。その姿をファルコの部下達は哀しみ、ファルコをハーン兄弟の切り札である爆弾から身を挺(てい)して守った際には「将軍は涙を使い果たし干れてしまった」とケンシロウにその哀しみを伝えた。また、こうした事情を知っている帝都で酷使されていた奴隷達は、ファルコの義足が出す音を「ファルコ様の足が泣いている」として、心から慕っていた。

しかし、少しでも犠牲を減らそうという努力は欠かしておらず、マミヤの村に攻め入った際には村の長老を殺しただけで、それ以外の村人たちには誰一人危害を加えなかった。また、ジャコウの仕打ちに激怒したショウキを、天帝のためにあえて倒した折には、表向き殺したように見せかけたものの、実際には仮死状態にして逃がす算段をしていた。さらに、ジャコウより抹殺を厳命されていた敵対勢力である北斗の軍との交戦時には、代表者一人の命だけで事を済まそうと考え、軍の真の統率者と見抜いたリンの命と引き換えに、それ以外の者の降伏を認めようとすらしていた。これらの工作はジャコウの目が届かないところでは、それなりに上手くいっていたものの、ショウキの件だけはジャコウやその息子達の眼前で起こったため、ショウキはジャコウの息子シーノに生存を見破られ、殺されてしまった。

前述の通り、中央帝都に歯向かう北斗の軍とは長らく交戦していたが、ついにはケンシロウとの一騎打ちを迎える。この際、拳法家としての本懐を得たためか、力強く歩を進めるその姿に「今日はファルコ様の足が泣いていない!」と部下達は大いに喜ぶ。元斗皇拳の技と奥義を駆使してケンシロウと激闘を繰り広げ、序盤は圧倒するがケンシロウが自身の秘孔「上血海」をついたのを皮切りに互角になる。その最中に胸の中央部の秘孔「戈穴」を突かれたが、秘孔の周りの細胞を焼き尽くして死滅させるという元斗皇拳の北斗封じの奥義により、その効力を防いでみせた。

アインらの活躍によって天帝ルイが救出されるとケンシロウと共闘し、元凶であるジャコウを倒す。そして、天帝ルイと再会を果たし彼女から優しい言葉を掛けられ、これによって心中で張り詰めていたものが氷解し、両目から干れていた涙を流した。

だが、生き残ったジャコウの息子のジャスク(アニメ版での緑光のタイガ)は、ルイの双子の妹であることが判明したリンを連れ去り、ファルコをさらなる過酷な戦いに巻き込むかのように、ただ一つ残った海を渡り修羅の国へ逃亡する。ファルコは天帝を護る元斗の拳士の務めがゆえ、“もう一人の天帝”であるリンを追って、ケンシロウとの闘いで負った深い傷が癒えぬ中、単身修羅の国へ。しかし、それは半ば死を覚悟した渡航だった。

修羅の国に上陸後、無名の修羅と闘いになるが、先述の痛手を負ったままの上に義足が折れ敗北、瀕死の状態に。後からやってきたケンシロウに一瞬のみ生を得る「刹活孔」を突いてもらって再戦し誇りある勝利を得るも、もはやファルコの命の灯火は消えようとしていた。それでもリンを救えなかったことを心に懸けるが、恋人・ミュウから届けられた「元斗の伝書鳩」の手紙を読み、彼女の胎内に自身の子が宿っていることを知り、元斗皇拳が途絶えず血を分けた子へと受け継がれることに喜びの涙を流しつつ、ケンシロウに看取られ静かに逝った。

関連項目 編集

その他 編集

  • 本編ではミュウが子を身籠ったことが描かれるが、ゲーム『北斗の拳4』では成長したファルコの息子が「白銀のミッシュ」として登場する。
  • アニメのオープニングでは、ケンシロウと拳を交えるシーンがありケンシロウよりも体格を一回りほど大きく描かれている。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はファルコ (北斗の拳)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki