FANDOM


プロフィール
ボルツ
Boltz
流派:元斗皇拳
性別:男性
愛称:青光のボルツ
声優:秋元羊介
  

ボルツとは、TVアニメ『北斗の拳』に登場する架空の人物。元斗皇拳の使い手の一人で、帝都を守護する青の軍団を率いる将軍。原作には登場せず、アニメ版のみのキャラクターである。声優秋元羊介

人物 編集

もともとボルツが物語で果たす役割は、原作におけるジャコウ総督の息子の一人シーノが担っていた。アニメ版制作にあたって、設定がジャコウの息子から、元斗皇拳の拳士で帝都の将軍に、名前もボルツと変更された。しかし、卑劣な人物像や粗暴な行動は変らず、ファルコやショウキ、ソリアが天帝に忠誠を誓い、北斗軍を壊滅させるために動いている間も行動を異にし、天帝に代わり実権を握った総督のジャコウの側近として玉座の傍らにあった。また、幽閉された天帝を救い出し、復権させようと考えるファルコらと激しく対立する。時にはジャコウが、北斗軍を壊滅せずに引き揚げたファルコを厳しく詰問し、鞭打つ場面では嘲笑を浮かべていた。怒りのあまりショウキがジャコウを襲った際にファルコが気転を利かせてこれを止め、あたかもショウキを葬ったかのように見せかけ逃がそうとした策を見破り、死体を流す運河から自身の槍でショウキにとどめを刺すなど陰謀にも長けた。

しかし、これが災いとなり、自身の軍団のカラーである青い槍を見たケンシロウがショウキの死に報いようとしない筈はなく、ボルツに対する怒りに火を注ぐ結果となった。また、中央帝都めざし進軍する北斗軍を見るや、彼らの旗をあえて掲げさせ、これを燃やすという挑発行為を行なう。

原作では、それを見たケンシロウがシーノ目掛けてショウキの命を奪った槍を投げ、見事命中させるという場面で終っているが、アニメ版では、槍はボルツの肩(或いはマントの金具)を直撃したのみで、その後、ケンシロウとの対戦シーンへと続く。

だが、実力差は歴然で、元斗皇拳の使い手らしく必殺技を用いたものの、かすり傷程度のダメージしか与えられず、怒りに燃えるケンシロウの気迫に押される形で圧倒される。断末魔の叫びは「あ、あ、あおー!」。その前には「この俺が、こんなところで…」と悔恨の言葉を吐くが、これまでの所業をかえりみない彼の姿を象徴している。元斗の拳士の中では珍しく、最もケンシロウから憎まれた人物でもあった。

一方で、ゲーム版ではファミコン版のゲーム『世紀末救世主伝説 北斗の拳2』にてステージ5のボスキャラとして登場し、このゲームにおける設定では元斗四天王の一人ということになっていた。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki