Fandom

北斗の拳 Wiki

マミヤ

96このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
プロフィール
マミヤ
Mamiya.gif
性別:女性
声優:藤田淑子
  
声 - テレビ・格闘ゲームPSゲーム版藤田淑子北斗無双:進藤尚美
ユリアに瓜二つの容貌を持つ、美しき女戦士。後に南斗水鳥拳のレイが命懸けで愛した女性でもある。
二十歳の誕生日に妖星のユダに襲われ、目の前で両親を殺された上に囚われの身となる。ユダは各地から美女を拉致しており、マミヤも左肩に消せない「UD(ユダ)」の焼印を押され、心身共に傷つけられた過去を持つ。ユダの元から生還したマミヤは、女であることを捨てて村を守るための戦いに奔走する。ボウガンや刃を仕込んだヨーヨー、さらに鋼製の娥媚刺など様々な武器を用いて、戦士として活躍を続けた。牙一族の襲撃の際には、弟のコウが人質に捕えられた際に私情を殺して見殺しにするなど、村を守るリーダーとして冷徹さも備えるようになった。一方、長旅を経て村にやって来たリンを風呂に入れてやるなど心優しい女性的な面は損なわれていない。
ケンシロウやレイと出会い、その行動目的を理解すると村を離れて旅路に同行するようになる。また、ケンシロウに想いを寄せドレス姿を披露したことなどもあったが、ケンシロウが頑なにユリア一筋であったため片思いに終わる。トキの救出後には「死兆星」が見えていることが判明し、彼女に戦いを宿命づけたユダが「死の運命」の鍵を握っていた。それを知ったレイは、その余命を費やしてユダを倒し、マミヤの死兆星を消し去ることで彼女への愛を表現した。マミヤはその死に涙を流して別れを惜しんでいる。
レイの死後は村に留まり、天帝編ではアインの愛娘アスカを預かることになる。この時期の服装は以前より女性らしくしている。
終章にも登場し、ケンシロウにバットとリンの顛末を告げ、ボルゲに捕らわれていた窮地のバットを救おうとする。全編にこそ登場しなかったが、作中での主要人物との関りは深く、重要なポジションにいるキャラクターである。アニメ『北斗の拳』第2部風雲竜虎編では、エンディングのクレジットは第1部のユリアと同じくケンシロウの隣となっており、実質的にヒロインの扱いであった。
女戦士という設定の割には戦闘のシーンはあまり描かれていない。戦闘の描写もケンシロウ達のように超人的な肉体を駆使して戦うというものではなく、ヨーヨーなどの武器を使って戦っている。ただし牙一族編では膝蹴りで、メディスンシティーではハイヒールのブーツ越しの蹴りでガルフの部下を倒すといった描写を見る限り、足技や脚力では常人よりも秀でている。また、牙一族によりナイフ投げの標的にされた際には、体を縛られながらもナイフの軌道を見抜いて避けており、動体視力もそれなりにある。
アニメではケンシロウやレイとともにザコを一蹴する描写が増え、戦闘シーンをバンクシーンとして活用している。また、シーカーの部下もたった一人で蹴散らした。『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』ではダガールに囚われたレイナを救出するという勇敢なシーンもある。また、北斗の拳の対戦型格闘ゲームではプレイヤーキャラクターの1人として登場し、北斗無双では武器と足技を駆使するキャラクターとして登場する。
ユリアと瓜二つということでケンシロウは初見で動揺し、トキもそのことで「ラオウも驚くだろう」と評したほどだが、ラオウがマミヤの容姿に驚く描写はなかった。対戦型格闘ゲームおよび北斗無双ではシンからも「ユリアに似ている」と言われた。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はマミヤにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia